早漏だけを治すにはポゼット30mg

早漏治療薬・予防薬として注目されているのがポゼットで、この治療薬は錠剤タイプであるため性器への刺激がなく、パートナーの身体への影響も心配されることがないのが特徴です。
ポゼットの有効成分のダポキセチンは、勃起障害に効果的な成分であるシルデナフィルをプラスしてスーパーPフォースとしても発売されていて、価格の違いでポゼットまたスーパーPフォースを選ぶ方がいらっしゃいます。
スーパーPフォースの特徴としては、勃起障害の治療薬としても効果があり、価格もリーズナブルなジェネリック医薬品となっています。
ですが服用管理が簡単であり、早漏だけを治すにはポゼットが有効的だと考えられています。
海外での臨床試験では、ポゼットの有効成分ダポキセチンを60mg服用した場合射精を遅らせることができていて、さらに2005年には海外の学会でダポキセチンを服用した男性の射精時間が3倍から4倍も延びたと発表されています。
ポゼットは一般的に早漏の治療薬ですので、早漏以外の人に対する安全や効果は確立しておらず、治療以外での服用は禁止されています。
ポゼットは有効成分のダボキセチンが、脳の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンに作用して射精中枢の興奮を抑え込んで早すぎる射精反応を鈍らせてくれる働きがあります。
早漏の原因は亀頭の過敏さにもあり、これまでの麻酔薬などで抑えていた治療法と異なり、手軽で安心・安全に悩みに応える治療薬として世界各国で利用されています。
ポゼットを服用するにあたり、服用後・間を必ず24時間あけることはもちろん、頭痛やめまい・吐き気などの副作用の症状が起きた場合には、早めに医師に相談し、継続する場合には経過観察を医師に頼むことも重要です。