早漏の根本的な原因とは

【早漏を引き起こす原因とは】
早漏の根本的な原因とは大きく2種類です。
1つは単純に刺激に敏感であることによるものです。
亀頭やその周辺の感度が高く、通常よりも多く快感を得てしまうために絶頂までの時間が短くなるために早漏となってしまいます。
もう1つの原因は精神的なトラウマや思い込みよる影響で早漏となってしまうものです。
実は早漏では無い(感度は普通であると言う意味)にもかかわらず、精神的な理由によって早漏を引き起こしてしまうというものです。

【症状を改善する方法とは】
早漏の原因がどこにあるのかによって治療法も変わってきます。
刺激に対する耐性が弱いのであれば、単純に刺激への対策をすることで症状を改善することができます。
例えば厚めのコンドームを使用する・早漏防止スプレーを使用すると言う方法や、事前に一度射精しておくと言う方法によって改善が期待できます。
精神的な理由を原因に早漏になってしまっている場合には、メンタル的な治療が必要となります。
カウンセリングを受けたり、成功体験を積み重ねることで「大丈夫だ」という意識をすりこむことで症状の改善が期待できます。
とは言え、外的な要因のものよりも改善までに時間がかかる場合が多いため、根気よく治療していく事が大切です。

早漏と坑うつ剤の関係

早漏とは、男性が性交の時などに挿入から射精までの時間が短い事などを言います。
通常は、挿入してからの時間の短さが多いですが、重度の場合は挿入する前に射精してしまう人もいます。
この様な挿入前に射精してしまう人を含めて、いわゆる早漏と言われる人の多くは心因性の早漏と考えられます。
これは、セックスの経験が無かったり、経験が少なかったりしてセックスに対して不安に思うことや、緊張、プレッシャーなどが原因となり、早漏になってしまうというものです。
包茎だから早漏であると考える人もいますが、一概にそうは言えず包茎であるという事が不安などに繋がり早漏になっているという事も非常に多いのです。
そんな心因性の早漏ですが、最近では飲み薬によってかなり改善される事が分かっています。
その飲み薬とは、抗うつ剤の一種となっています。
早漏と坑うつ剤の関係がどこにあるのかと考える人もいると思いますが、心因性の早漏もうつ病も不安や悩みを抱えてしまう事が原因になるという点で同じです。
脳に直接リラックスするように働きかける薬を飲む事で、不安が取り除かれ早漏が改善されるのです。
また、こういった薬を飲む事で経験不足などの根本的な不安が取り除かれていけば、早漏そのものを解消させる事も可能です。