先天性早漏と後天性早漏の違い

男性を悩ませるものの一つが「性行為の持続時間」です。
特に長い(遅漏)からと言って悩む人は少ないのですが、短い事(早漏)を悩んでいる方は非常に多くいます。
最近では早漏防止グッズが多数販売されており、自身の症状や目的に持って様々な対策が行えるようになってきています。
しかし、それらの効果をより高めるためにも自分の早漏の原因が何なのかを知っておくことが必要です。

そこで、「先天性早漏と後天性早漏の違い」を紹介していきます。

すでに書いた通り、早漏の原因は2種類に大別されます。
先天性か後天性かによって対処法が変わってきますので、先ずは自分がどちらなのかを把握することが必要です。

【先天性早漏】
初めて性行為をした時から早漏状態であり、以降継続している場合。
原因としては遺伝によるものだとされています。
薬による改善が難しいため、解消するためには専門的な治療が必要となる場合が多いです。

【後天性早漏】
ストレスや習慣の他、加齢などにより早漏状態へと変化した場合。
元々はそうそうでは無いため、薬による改善が期待できます。
原因がどこにあるのかが比較的見つけやすく、それに合わせて治療法(メンタル・フィジカル双方)を選ぶことで薬に頼ることなく改善させることも可能です。